ユキノシタLab. from UEDA NAGANO

室賀温泉「ささらの湯」

(注)李さんは中国からの留学生で、現在日本語を習得しているところです。
この記事については、そんな彼の文章をそのまま掲載させていただきました。

私はいつも日本の温泉に夢中だ。外国人にしたら、温泉はやはり日本の文化の重要な一部だと思う。日本に旅行しても生活しても、みんなは絶対に日本の温泉に入ってみたいだ。

私は温泉のファンとして温泉に対して興味は言わなくても明らかである。上田市の温泉といえば、別所温泉は一番有名な温泉かもしれないが、ユキノシタプロジェクトは上田の隠れられる魅力を表すため、今度は室賀温泉ささらの湯に取材した。

sasara1-650

室賀温泉とは

室賀温泉は、上田市の北西部で市が掘削した温泉で、「ささらの湯」
が唯一の入浴施設です。ささらの湯は、市が建設した農林業関連の
施設「上田市農林漁業体験実習館」の一部の「温泉交流室」で、木造
の建物は昔の農家を再現したものです。「ささら」というユニーク
な名称は、この地区に伝わる伝統芸能の名前に由来しています。
市街地から奥まった山中あるにもかかわらず、料金も安い朝風呂の時
など、地元の人たちでけっこうにぎわっています。
信州とっておき情報/室賀温泉より引用)

「侘び寂び」

sasara3-650
上田市上室賀に位置して、賑やかな街から遠いで、回りは青山に囲まれている。館内は和式の飾りスタイルで巨大なガラスから外のきれいな園芸が見えて、静かで昔の感じがある。

日本語の「侘び寂び」と言う言葉でこの景色を形容するのはぴったりです。毎度ささらの湯に来て心地よくてリラックスできる。

お湯の特徴

sasara2-650
ささらの湯は女性とお年寄りの中に大人気だ。パンフレットの紹介にしたがって、この温泉は毎日お湯を入れ替えていて、塩素を使用していない。源泉100%の良質な温泉は、肌がすべすべするため女性に人気がある。

この上にささらの湯の温泉の泉質は単純な硫黄で、源泉の温度はいつも50.7度から、浴用と飲用の両方も体に良い。

休憩室からの景色

sasara4-650
そして、温泉から出ったら、広い休憩室で休むことは一番素敵な選びだと思う。和式の休憩室は暖かくて静かだ。休憩室のガラスから外の景色を眺めるのは人生の至福だ。

館内には特別な自動販売機があるから、いつでも新鮮なミルクとヨーグルトを飲めて、さっぱりで美味しい。休憩室の外におばあちゃんは焼きそばと寿司弁当を販売する。あの焼きそばは本当にうまいので、絶対に薦めようと思う。

おわりに

ストレスがいっぱい時、仕事や勉強が疲れる時、どこに行った方がいい?私はこのような温泉があれば、どこでも行きたくない。

Information
室賀温泉「ささらの湯」
長野県上田市上室賀1232番地1
tel:0268-31-1126
営業時間:5:00~8:00,10:00~21:00
定休日:毎月第2・第4木曜日

この記事を書いたひと

李博文
長野大学
環境ツーリズム学部2年(小林ゼミ)

感想・コメント

中国の大連出身で21歳の李博文と申します。大連外国語大学の学生で、留学生として長野大学で留学しています。日本の環境と技術に興味がたくさんあるので、日本へ留学することをえらびまして、日本人と友達になりたいとおもっています。

トップへもどる

このエントリーをはてなブックマークに追加