ユキノシタLab. from UEDA NAGANO

  • 表紙
  • >
  • ユキノシタ× 長野大学ゼミ

ユキノシタ× 長野大学ゼミ

ユキノシタLab.では長野大学の環境ツーリズム相川・小林ゼミの
授業とコラボし、ゼミ生の作品を掲載しています。

学生さんとコラボ

ユキノシタ地域デザイン研究所をはじめるにあたり、
ふと大学のゼミと一緒にできたらいいねという話が持ち上がりました。

上田には地域貢献度NO1という長野大学というところがあります。
コラボするならここ!ということで、知り合いの教授にすぐ連絡。

「地域の魅力を掘り出す企画なのですが、よかったら一緒にやりませんか?」

とお願いすると、ふたつ返事で「ぜひやりましょう!」とのお返事が!

すぐに学生さんとのコラボ企画が誕生しました。

そして打ち合わせを重ねる中で「学生たちにもっと学外ででも学んで欲しい」
と考える先生たちの想いは、このユキノシタを立ち上げた時の私たちの想いと重なるところがいくつもあるなあと改めて実感。

まだ始まっていなかったけど、「絶対うまくいく!」の確信がどこかにありました。

いざ、ゼミへ

はじめてユキノシタを学生さんたちに紹介する日。
学生さんたちよりも私たちの方が緊張していたような。
後期のゼミの初日であったため、学生さんたちがそれぞれ自己紹介をし、
ユキノシタ地域デザイン研究所編集メンバーも自己紹介。
そして、ユキノシタLab.の説明を行いました。

DSC_0436

学生記者がまちなかへ

いよいよ取材がスタート!
学生さんたちは、まずゼミの先生たちからインタビューする際の注意事項の指導を受けたり、取材ネタとなるようなイベントや活動に学生ボランティアとして送り込まれたり。

ゼミの一環として、地域の学びの場にどんどん連れて行かれます。

「まち歩き」のゼミの日には、学生の皆さんが市内中心街にある私たちの事務所にも寄ってくれ、教室とはまた違う学生さんたちの表情がありました。

学生さんたちがどんなところに魅力を感じ、取材に行くのか、そこが一番楽しみなところです。

みんなの記事のお披露目を

あっという間に“取材~執筆”の期間が過ぎ、11月中旬にはみんなの記事をお披露目する「合評会」が開催されました。

学生さんならではのセレクトや、レイアウトに凝った記事、私たちも思わず行きたくなるようなお店の紹介など、さまざまな記事が並びました。

壁一面に張り出された記事をひとつひとつ読んで、コメントを書いていく。
学生さんも私たちも先生たちも真剣に記事を読みました。

SONY DSC

そして学生さんが選んだ記事、先生が選んだ記事、私たちが選んだ記事、が3つずつ発表され、その中からいよいよユキノシタLABに掲載する記事の選考です。

どれもすばらしい記事で、選ぶのに大変苦労しましたが、最終的には“ユキノシタ的”であるかどうかが決め手となりました。

jyunkun

選出後に悔し涙の声も聞かれたりして、この企画に真剣に向き合ってくれてた学生のみなさんに、こちらも思わず胸が熱くなりました。

学生が選んだユキノシタ

以下、ユキノシタLABへの掲載が決まった5つの記事です!
どちらも読み応え&行きたくなる記事です。

01 精肉店しばた/小林潤さん
02 岡崎美都里さん(岡崎酒造)/李博文さん・矢澤亮祐さん
03 猫グッズの店 あいざわ/柏原美佐さん
04 喜光堂/北澤理江さん
05 ニャライズ/滝澤大地さん

トップへもどる

このエントリーをはてなブックマークに追加